EXPE / EMERALDA

¥1500¥1560

1. Episode [13:35]
2. Formura [11:06]
3. Holizona [09:55]
4. Caleide [20:46]
5. Goya [10:48]
(441khz/WAV file)

ジャパニーズビザールギター『テスコSpectrum5』をメインギターに、多様なエフェクターと手作りの真空管アンプを組み合わせ、透明な輝きと暖かく浮遊感のある独特なサウンドで、アンダーグラウンドシーンに影響を与え続けているEXPE。今回のアルバムは比較的エフェクターが使用されていないにも関わらず、オーバーダビングやアコースティックギターを多用することにより、ハーモニックで万華鏡のようなギターワールドが展開されている。黒人ファンクバンドで活動していたルーツから、ガットギターのアルペジオや抽象的なアンビエントパートにも、鋭くグルーヴするファンクネスが感じられる。

EXPE自身がグルーヴ/ドラムマニアということもあり、マルコススザーノ、沼澤尚、千住宗臣ら国内外の実力派ミュージシャンが参加。収録曲のほとんどが変拍子やポリリズムで構成されているが、自然で馴染みやすい。複数のドラマーで構成された楽曲もあるが、編集はされておらず、実力派ドラマー達のタイトながらも有機的なプレイが聴ける。スザーノによる変拍子サンバのパンデイロをはじめ、ウルグアイのカンドンブレなど、ワールドミュージック的ビートの視点からも興味深い作品になっている。

録音エンジニアは過去のEXPE作品や初期ボアダムス、竹村延和などの作品で知られる、林皇志が担当。多様なエフェクトされた浮遊感あるエレクトリックギターの弦の響きや、ポリリズミックに織りなされたアコースティックな変拍子アルペジオに、ブラジルのパンデイロ奏者マルコススザーノや沼澤尚ら5人のドラマー達が織りなす多彩なリズムなど細部まで聴き応えのある作品になっている。
また多層にオーバーダビングされたギターのアコースティックとエレクトリックそれぞれのうまみがバランス良くブレンドされ、立体感がありシャープながらも暖かみのある音に仕上がっている。真空管アンプやビンテージなバイノーラルマイクを使用したり、テープエコーなど様々な仕掛けを楽しめるトラック4、曲中のセクションごとにドラマーが入れ替わるトラック2にも注目してほしい。

Written and Produced by Yoshitake Expe
Recorded and Mixed by Hayashi Ohji and Yoshitake Expe
Mastering by Hayashi Ohji (Silence Audio Recording)
Cover Design by Qotaroo Nishimura with Yoshitake Expe

解除
商品コード: ps-000004 商品カテゴリー:

説明

*決済完了後、PRHYTHMからお客様のメールアドレス宛てにダウンロードURLとパスワードをお送りします。
*「確認メールが届かない」という方へ
<ドメイン指定受信をされている方へ>
携帯電話のアドレスからお申込みの方は、「prhythm.org」ドメイン指定解除後にお申し込みください。
<フリーメール(Yahoo!メール、hotmailなど)をご利用の方へ>
迷惑メールのフォルダをチェックしてください。 “PRHYTHM”からのメールが迷惑メールに振り分けられている可能性があります。

追加情報

支払い方法

クレジットカード, 銀行振込